【情シス】20代で転職を2回して社内SEになった話

スポンサーリンク
情シス(社内SE)

こんにちは

僕は現在アラサーの情報システム部勤務ですが、20代のうちに2回転職しています。
今回はIT業界に就職した経緯や転職経験について紹介します。

  • ・SESから脱出したい
  • ・1次請けのSIerに転職したい
  • ・社内SE(情シス)に転職したい

という方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

新卒での就職活動 ~就職活動に失敗し文系からIT業界へ~

新卒での就職活動には失敗しました。
商学部でマーケティングを専攻していたので、マーケティングなど商売を視野に
就職活動を行っていましたが30社以上受けても全滅の結果に。
とはいえ就職浪人は許されない環境であったため、何とか就職することを考えた結果
IT業界に目を向けました。
理由としては以下が挙げられます。

  • 努力すれば上を目指せる業界だと感じたこと
  • プログラミングが向いてそうだと感じたこと
  • 土日祝日休み、転勤なしを希望条件にしていたこと

結果としては従業員100名ほどの会社から内定をいただき
人事担当者が同じ大学出身であったことなどから入社を決意しました。

転職活動1回目 ~SESから1次請けSEへ~

1社目はSESを行っている会社でした。
大手や中堅のSIerへ常駐し、プログラマーとして勤務しておりました。
担当工程は製造、試験が中心で
言語はJava、c#などをかじった程度です。
待遇面や案件ごとにバラバラの技術が求められ体形的なスキルが身につかないと判断し
2年目の冬ごろから1次請けのSIerに絞って転職活動を行い、
社会人3年目の4月に東証一部上場の単体従業員2000名ほどの
1次請けベンダーに入社しました。

転職に使用した媒体

転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト
マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。完全無料であなたの希望に沿った求人をご紹介。「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績と、マイナビグループが誇る豊かな求人情報であなたの転職を全力で支援します。
転職エージェントならtype転職エージェント|納得感のある転職を
type転職エージェントは、一都三県、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェントです。あなた専任のキャリアアドバイザーが最適なキャリアをご提案します。転職エージェントだからこそできる「納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介会社です。
転職エージェントならリクルートエージェント
転職エージェントならリクルートエージェント。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

転職活動2回目 ~情シス(社内SE)へ転身~

1次請けベンダーでは誰もが知っているような企業の仕事を直接取引で
行っていました。
所属部署では自社パッケージ製品をカスタマイズし納品する業務を
主に担当していました。
誰もが知っている会社への受注仕事を1人でこなしていくことについては
やりがいを感じる瞬間もありましたが、
長時間残業や自社製品の理解力などのニッチな(汎用性のない)スキルしか
身につかないことに次第に不満を感じ、
結婚も視野に入れていたため入社3年がたったころから
社内SE1本に絞り転職活動を行い、従業員1000名ほどのメーカーへ転職しました。

転職に使用した媒体

転職エージェントならリクルートエージェント
転職エージェントならリクルートエージェント。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。
転職エージェントのdodaがあなたをしっかりサポート
転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む約10万件の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】
転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト
転職は【マイナビ転職】。転職準備のすべてが分かる!日本最大級の転職サイト。プロによる「履歴書添削」「面接ノウハウ」「WEBセミナー」など転職サポートが充実。企業と直接話せる転職フェアも全国で開催。正社員の転職 ・求人情報を豊富に掲載中!
OpenWork 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ(Vorkersはオープンワークへ)
就職・転職前に採用企業のクチコミをリサーチ。OpenWork(オープンワーク)では、「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有。「組織体制」、「退社理由」など、8カテゴリのクチコミと「給与制度」、8つの評価スコアで採用企業を分析します。

現在 ~情シス(社内SE)のデメリットと葛藤中~

結果として希望していた情シス(社内SE)としての働き方を得たものの
100%満足する職場というのはないと実感しています。

良い点

・ワークライフバランスが取れている
 残業は10時間いけば多いほう、有給休暇も100%消化が可能


・発注側にまわったことにより会社対会社の場面ではストレスが減った
 顧客とするのは同じ会社の人間となったため、
 無理なスケジュールを強いられることがなくなったり、
 継続的な人間関係となるため信頼関係ができあがってくると
 必要以上に気を使って接する必要がなくなりました


・自分の仕事の結果が実感できるようになった
 ベンダー時代は納品しておしまい、ユーザーの声など聞く機会がなく
 自分の携わったシステムが役に立っている実感が得にくかったけれども
 現在は利用者の生の声を聞くことができ感謝の言葉などもらえることもある

悪い点

・ITリテラシーの低い人と関わらなくてはいけない
 ヘルプデスク業務なども求められるため、
 PCが苦手な社員に教える機会もあるが説明が難しい

・雑用が多い
 事務処理や運用業務などITスキルを求められない仕事をする時間の割合が多くなった

・スキルが上がらない
 いろんなサイトで指摘されていることだが、自分から情報を取りにいかないと
 ITスキルの向上は見込めない
 また情報システム部門以外の部署へ異動となる可能性もある

入社当初はメリットを多く感じていましたが
会社の業績が下を向いてくるとデメリットのほうに目が向くようになりました。
まだ30年近く働かなくてはならない中、スキルの上がらない仕事に時間を費やすのは
リスクなのではないかと悩むようになりました。

今後は各転職活動時の詳細や情シス(社内SE)の仕事内容など紹介していきます。

以下のような悩みを持つ方の一助となれば幸いです。

  • SES、下請けプログラマーから抜け出したい
  • 情シス(社内SE)になりたい
  • 情シスのキャリアについて悩んでいる

今後もどうぞよろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました